トップページに戻る


 浜松型田舎暮らし−楽しむ−




  第19回佐久間新そばまつりを開催しました。


  今年で19回となる新そばまつりが1月21日(土)・22日(日)開催されました。
  2日間開催4年目を迎えました。2日共こ好天に恵まれ絶好のイベント日和となりました。
  来場者も昨年を若干下回ったものの5,500人の方々が佐久間に足を向けて頂きました。
     毎回人気のそば打ち体験コーナーも定員80名(1回10人で4回を2日間開催)のところ
  計64名が体験をし、食べるだけでなくそばの持つ幅広さを楽しんでおりました。 
  又、唐橋名人の実演・講演は例年にも増しての入場者で、巧みな話術とそば打ち
  実演に魅了されておりました。今や名物行事となりました。

  2日間開催を支えるNPOの活動会員も高齢化で負担も大きく、その軽減も課題となって
  おりますが、今回も佐久間中学校の生徒ボランティアに加え、浜松市市民協働センターと
  連携して、市民ボランティアの協力を得ながら会場運営を行い、中学生、大学生、社会人の
  ボランティア27人が支えてくれました。又、資金面でも、37の企業、団体、個人から
  協賛を頂き、まつり存続にご支援を頂きました。  

そばまつり開会式

そばまつり会場全景

そばまつり飲食会場

そばまつりそば打ち体験

そばまつり協賛者

そばまつりボランティア


  




  メールでのお問い合わせはこちらから



 戻る